親子関係がよくなると、あなたの人生はきっとよくなる!

コラム

目覚める(覚醒する)とはどんな状態なのでしょうか?

カテゴリー:覚醒

2015年どうしていきますか?目覚める時です!

で、『覚醒』って書いたら、問い合わせが何件かあったので、

『覚醒』について書いてみます。

辞書を見ると、

1.目を覚ますこと。目が覚めること。

2.迷いからさめ、過ちに気づくこと。

3.感覚刺激によって惹起する脳波の周波数の増大と振幅の減少に対応する脳の生理的状態(生理学用語)。

などなど、ようは、目が覚めている状態という事なのですが、

1,2を見てわかるとおり、『覚醒』とは、肉体だけでなく意識も目が覚めた状態です。

私たちが今住んでいる環境でしっかり肉体も意識が目が覚めた状態で行動するという事は、、、、、

『自分とまわりの状態をより適切に把握して』

『自らが迷いなく主体的に意識的に行動している』

畳です。

わたしは、『覚醒』している状態は、この3次元界の中で、

『自由に自分らしく行動する為の最大のツール』

なんじゃないかなと思っています。

ところで、3.生理学的な見地の話しですが、

これだけだと、『何言うてんの?』と思いますよね。

ちょっとわかりやすく言うと、脳波の波系状態で、人それぞれのリラックスしている状態がある程度わかると言わています。

δ(デルタ)波、θ(シータ)波、α(アルファ)波、β(ベータ)波、、、ってきいたことありませんか?

軽く説明をさせて頂くと、

脳波が、

δ(デルタ)波だと、周波数は4Hz以下で、意識は、無意識状態・熟睡中になります。

θ(シータ)波だと、周波数は4~8Hzで、意識は、トランス状態・深い瞑想状態のようになり、潜在意識がアクセスがしやすくなるような状態になります。

α(アルファ)波だと、周波数は8~13Hzで、意識は、変性意識状態、集中状態、リラックスしている状態で、創造力が高まりやすい状態で、一般的には、創造的な仕事などをしている時はこの状態がいいとされています。

β(ベータ)波だと、周波数は、13~40Hzで、意識は、通常意識状態、日常意識状態、活動的状態、いわゆる、通常生活している人は、この状態となっています。

一般的は、β(ベータ)波の状態で生活をし続けると疲れてしまうので、リラックスできるα(アルファ)波に誘導するようなことを進めています。

では、脳波は、40Hz~になるとどうなるのか?

『実は、これが、【覚醒状態】です。』

波形は、γ(ガンマ)波になると、覚醒意識状態になり、閃きや気付きが瞬間的に現れたり、非常に鋭敏で悟りに近い状態にと言われています。

この状態になると、脳はとても活動的で、いろいろな事を微細に把握して、瞬時に状況を的確に判断しつつ、とてもリラックスしている状態になります。

悟りって、、、α(アルファ)波、θ(シータ)波の状態を極めるとあるのかと思ったら、違うんですね。

わたしは、昨年より、『覚醒塾』という会を少人数向きに開催をしています。

このプログラムは、10か月にわたって、参加者全員で取り組みを行うプログラムとなっています。

参加者と共に、わたしもこの1年間でとても成長したなと実感をしています。

よくできたプログラムだなと思います。

昨年、『覚醒塾第1ターム』1期、2期を開催しましたが、ご要望を頂きまして、

この度、第3期を募集する事になりました。

後、3名まで可能ですので、ご興味があれば、ご参加ください。

開始は2月22日からを予定しています。

詳細はおってイベントで告知させて頂きますね。

この価格でやるのは今回が最後です。

2015年は、『目覚める時』ですよ!

よかったら、ご活用くださいね。

 

 

2015年どうしていきますか?目覚める時です!

カテゴリー:覚醒

新年あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2015年に入って、ご気分はいかがですか?

どんな一年にしていきたいでしょうか?

昨年より続いている時代の変化なんですが、これの流れは更に加速して行くみたいです。

『流動化』とは、文字通り、『流れて』、『動く』状態です。

もし、『流れて』が『まわりに流されていれば』、『動く』とは『動かされている』『依存状態』になります。

それは、【どこに行くのか、お任せします。】という状態ですよね。

自分で様々な事を決めるのは、はじめは怖いかもしれません。

『でも、どこに行くか分からないって、もっと怖くないですか?』

【流動化が加速するとは、流れが速くなる事です】

ひょっとするととんでもない所に流されてしまうかもしれません。

『もう、目を覚ます(覚醒の)時です。』

流動化が加速するということは、、、

『流れて』が『自分から流れを創る、流れに乗っていれば』、

自分の創りだしたい世界が、早く実現するという事です。

『みなさん、目を覚ましましょう!』

『そして、自分で起き上がって、自らの意志で自立して行動をしていきましょう!』

そのための指針は、あなたの中の女性性(アワ)です。

そして、自らの力で行動していく力は、あなたの中の男性性(サヌキ)です。

今まで、あなたの潜在意識にあるトラウマが、あなたの女性性(アワ)と男性性(サヌキ)を眠らせていました。

『みなさん、目を覚ましましょう!』

『まだ、眠い?』

なんなら、あたしが目覚ましになってあげててもいいわよ(笑)。

 

 

 

 

 

 

クリスマスイブに見る女性性(アワ)と男性性(サヌキ)その2

カテゴリー:男性性・女性性 親子関係

クリスマスイブに見る男性性(サヌキ)と女性性(アワ)その1

https://www.dailyhappy.jp/?p=154

の続きでぇす。

あの後、近所の天然素材のお菓子屋さんでクリスマスカップケーキを買って、晩餐の後に、子供たちといっしょに食べました(^^)。

子供たちは大喜びで、「このカップもらっていいの?」と言ってました。

買ってよかったわぁ~。

 

で、結局、その晩餐には、妻は出れず、、、、

多分、サヌキ的な感覚で言うと、

「あたしたち、キリスト教でもないし、特別な日じゃないでしょ」

という感じなんだろなぁ~。

まぁ、サヌキ的な論理的な思考で言えば、確かにその通りではあるのね。

たしかに、あたしの父も、イブの夜にはいなかったわね(笑)。

 

さて、今日から年明けまで、子供たちは妻の実家に行く事になりました。

実質、2週間くらい言ってるのかしら、、、、。

わたしの実家では、「元旦は家族で過ごすもの」という家訓があったようで(笑)、

どんなに夜通し遊んで、睡眠不足でも、一月一日の朝はいっしょに家族で朝ごはんを食べていました。

考えてみると、これもすごい観念ではあるんだけど。。。。

(でも、これはこれで、「家族像」という観点からみてらいいかなとは思います。)

そんなわけで、今回の子供たちが正月に家にいないという選択候補があがったのは、

わたしにはびっくりの選択だったのです。

が、パートナーには、「正月の朝は家族で過ごすもの」という観念がないようで、

「いつもいっしょにいるんだからいいじゃん」

「離れてても電話があるから大丈夫」

と、まぁ男性性(サヌキ)特有の合理性というか論理的というか、、、

合理的に見れば確かにその通り、、、、。

その男性性(サヌキ)的な感覚にびっくりというか笑っちゃった。

繋がること・通じ合うこと・調和することを重んじる女性性(アワ)の感覚からすると、

これは、まるで理解できないかもしれません。

「愛情がない!」「あなたは何もわかっていない!」「さびしいとは思わないのか?」

など、感情的に言い合いをしてしまう家庭も多いかもしませんね。

 

たしかに、若かりし頃、正月は家族で一緒にいないといけないから、

「友達と旅行には行けない」と思ってたのを思い出しました。

「かわいい子にも旅をさせろ?」

これはこれで面白いかもという事で、試してみようと思っています。

と言っても、子供たちも飽きて帰ってきちゃうかもしれませんけど、、、

初めて体験する正月のスタイルをいろいろな意味で楽しんでみようと思います。

 

 

クリスマスイブに見る男性性(サヌキ)と女性性(アワ)1

カテゴリー:男性性・女性性

あなたのパートナーとの女性性(アワ)と男性性(サヌキ)の割合ってどんな風に感じられてますか?

あなたのパートナーは女性性(アワ)が強いでしょうか?

それとも男性性(サヌキ)でしょうか?

これは、肉体的な女性・男性とは別のもので、あなたの内面にあるものです。

基本的に、女性性(アワ)と男性性(サヌキ)バランスを取ります。

つまり、あなたの中でもバランスを取るし、

まわりともバランスをとります。

なので、例えば、パートナーが男性性(サヌキ)の要素が多ければ、

あなたは、女性性(アワ)的なポジションを取ろうとします。

わたしのパートナー(もちろん女性です)は、男性性が強いなぁとあらためて実感しました(笑)。

今日は、クリスマスイブですよね。

我が家には、9歳、7歳、5歳の娘がいまして、とてもかあいいですぅ(*^_^*)。

明日から、妻の実家の方に子供たちが行くことになって、

「今日はささやかながらクリスマスパーティーなどしようかしらぁ~」

思い出づくりに、、、、と思っていましたが、

パートナーは、

「クリスマスケーキなんか買わないわよね?買う必要ないから」

「今の時期は高いから安い時に買えばいいわよ」

と言っていました(^^;

今感じている事、つながっている事を優先する女性性(アワ)。

目的達成、分析、損得勘定を重んじる男性性(サヌキ)。

ここで、女性性(アワ)は、

「信じられない!この人は愛がない!家族の事をどう思っているのよ?」

と感じたりします。

そもそも論点がまったく違うので平行線になったりするんですよね。

わたしは、

「いやぁ~面白い!サヌキばりばりね!」

と感じながら、

「後で、ケーキを買いに行こっと!」

ということにしました(笑)。

そして、まだまだ、男性性(サヌキ)と女性性(アワ)の会話が続きます(^^;

その2に続く

まず、中心(女性性)につながって、外に表現をする

カテゴリー:男性性・女性性

自分自身の外見である女性や男性のほかに、

そもそも、自分の内面にも、女性性(アワ)と男性性(サヌキ)が存在してるって、

女性性(アワ)・男性性(サヌキ)のコラム記事で説明をしてますが、

女性性(アワ)は、自分の中心につながっていく性質があって、

男性性(サヌキ)は、自分の外側に表現していく性質があります。

目的や目標を設定して達成をしていくというのは、男性性(サヌキ)的な素養です。

また、自分を愛する、自分の本質とつながるというのは、女性性(アワ)的な素養になります。

今までの世間では、目的や目標を達成していくという男性性(サヌキ)的な要素が評価されてきました。

今までは、「目標を達成して、なんぼ」だったわけ。

この男性性(サヌキ)的素養だけで目標や目的を達成することにフォーカスを当てていると、主体的ではなくて、依存的な流れが起りやすくなります。

つまり、

「自分が何をしたいのか?」

「自分は何のためにやっているのか?」

などと、自分を見失ったり、人生に対する意欲が減退したり、自分探しや、ライフワーク難民になったりするのよね。

ここで重要となるのが、「中心とつながる」という女性性(アワ)的素養なのよね。

「じゃぁ、使えばいいじゃないの!」

と思うわよね。

でも、男性性(サヌキ)と女性性(アワ)はバランスを取ろうとしますので、

いつも男性性(サヌキ)ばっかり使ってると、女性性(アワ)がうまく使えないし、

女性性(アワ)が低次化してしまって、更に、自分を責めたてるようになってしまうのよね。

大事なのは、自分の中にある男性性(サヌキ)も女性性(アワ)も尊重して、愛しんでいることが重要じゃないかと思います。

そうしていく中で、女性性をうまくつかえるようになってきます。

自分の本質は、外にはありません。

自分の価値も、外にはありません。

自分の内側とつながって、自分の本質にも自分の本当の価値にもつながるのよね。

 

理想のパートナーってどんな人でしょうか?2

カテゴリー:パートナーシップ 男性性・女性性

理想のパートナーってどんな人でしょうか?1の続きでぇす

森田健さんの映画の中で、

自分の内面にある女性性と男性性について扱われていました。

あたしが女性性と男性性を扱う場合は、

日本古来からのルーツである、女性性=アワ、男性性=サヌキを使っています。

アワとサヌキの仕組みを知っておくと人間関係においてもとても便利よ。

みんなの人生に影響を与えている影響についてみていくには、この概念はよくできてるなと思います。

簡単な説明は下記に書いとくわね。

この概念と違う切り口で、心理学者のC.G.ユングが、

「内なる異性」という切り口で、説明をしてます。

女性・男性それぞれの人格を外面的な人格と見て、それを補完する存在として、

「内なる異性」が存在しています。

ちなみに、その「内なる異性」を、

男性の中にいる女性のエネルギー(アニマと呼びます)

女性の中にいる男性のエネルギー(アニムスと呼びます)

と呼びます。

実は、理想のパートナー像が、このアニムとアニムスに隠れています。

アニマにしてもアニムスにしても、外的自分を補完する存在であり、自分にとって必要不可欠な存在でもあります。

そのため、

男性であれば、「自分自身の内なる女性エネルギーのアニマ」

女性であれば、「自分自身の内なるエネルギーのアニムス」

が理想のパートナーと感じるわけなのよね、

この内なる異性を認識して、承認していく事が、

自分自身の内面の統合にもつながってきます。

それが、自分自身への信頼、自己肯定感の向上、愛の深まりにつながり、

潜在意識が満たされていく事によって、顕在化されて、

理想のパートナーも顕在化されてくるんじゃないかなとあたしは思っています。

ようは、理想のパートナーを探すのは、、、、

外ではなく、まず自分を見つめて癒して認めていく事がまず大事という事になるのよねぇ。。。

ということは、、、、今のメディアで流している婚活って、、、なに?(笑)

もっと違う方向に向かうべきなんじゃないかなとあたしは切に思います。

まず、あなた自身よ!(^^)。

 

※アワとサヌキ(無料メールセミナー(※)より抜粋)

アワは女性性を表わし、サヌキは男性性を表わす、日本の神古代と呼ばれる時代に使われていた表現です。

アワ(女性性)とサヌキ(男性性)は、女性であっても、男性であっても両方その人の中に存在しているエネルギー体であり、性質です。

アワは「感受性の源」であり、サヌキは「実現性の源」です。

もし、あなたが、あなたの内面のアワを上手に活用できていない場合は、感じ取る力や調和力、感性が弱まります。

もし、あなたが、あなたの内面のサヌキを上手に活用できていないと、行動力、決断力、導く力、論理性が弱まります。

また、アワとサヌキはつねにバランスを取ろうとします。

もし、あなたがアワやサヌキのバランスを崩していた場合には、例えば本来アワタイプのあなたが極端にサヌキよりに偏ったりすると、周りの人間関係はアワへのかたよりが強くなったり、バランスがくずれる傾向にあります。

※)無料メールセミナーはHPから申し込みすることが出来ます。

 

理想のパートナーってどんな人でしょうか?1

カテゴリー:パートナーシップ

理想のパートナーと出会って、

「世の中すべてが愛と感じる」

「自分の中が愛で満たされていて、それが溢れてくるのが分かる」

「この人とずっといるだけで幸せ」

とか恋愛ですばらしい体験をされた方もいるかと思います。

それがずっと未来永劫続くかというとそうでもないようですが、、、、

それは、悪くなると言うよりかは、形態が変わってくるというのかしら、、、。

出会ったばかりの時やそれからしばらくは、生態的にも愛情を深く感じます。

意識的なものと別に、、、肉体としての生命として、子孫の残す為に、種を保存する為にこの機能が作動します。

一般的にこの種の保存の機能が作動しているのは、3年位みたい。

よく「どんなにきれいな顔でも3年で飽きる」

ということを言う人がいます。

これって、生理学的に言うと理にかなってるわね(笑)。

この生理学的な観点から、理想のパートナーについて考えてみると、、、

かわいい、かっこいい、きれい、痩せている、あたまがいい、稼ぎがいい、お金持ち、東大を出ている、大会社に就職している、などなど、、、

これは種の保存の観点から言うと、「いい種がほしい」ということでもあるのよね。身も葉もないけど、、、(笑)。

生理的な欲求がある程度定常化された後、そこから先は、むしろ、このパートナーとの時間をどう過ごしたいのかという意識的なものがとても重要になってくるのよね。

形態が変わってくるというのはそういう意味です。

わたしは、愛ちゃんと出会った時に、ソウルメイトという言葉がキーワードとなって、それこそ、あっという間に結婚する事になりました。

確かに胸はときめいたわぁ~めっちゃめちゃ(*^^*)

でも、その中でキーワードとなったのは、

「お互いが見つめあうのではなく、お互いが前を向きながら自分の道を歩いていけるそんな関係になりたい」

でした。

詳しいところは、またの機会に書きますね。

みなさん、それぞれ、理想のパートナー像があるかと思います。

それってどんなものなのか?

そして、それはどうしてなのか?

一度棚卸をされてみてはいかがかしら(^^)。

その2では、潜在意識から見た理想のパートナーについて書きますね。

パートナーがほしいのになぜ?3<相反する意識とエゴ>

カテゴリー:パートナーシップ

パートナーがほしいのにはなぜ?2のつづきです。

「パートナーがほしい」と思っている自分と、

「傷つきたくない」と思っている自分がいて、

それが相反関係になって、自分の行動を止めようとします。

それが無意識の中で起こっているのです。

実際、「この方ちょっと気になるからアプローチしてみようかな」

と思っても、行動に移せないとします。

行動に移せない理由をいろいろ考えるかもしれません。

「彼女いるんじゃないかな」

「女癖悪そう」

「やっぱり商社とかマスコミとかの勤務がいいわよね」

「両親と同居じゃない?」

「この前会った男の子も気になるな」

「背がちょっと低いわぁ~」

これって、、、実は、行動に移さないことを決めてから、

後付で理由をつけている場合が大半なんです。

自分が知覚できる意識(顕在意識)で、一つの事を決めようとする時、

自分が知覚できない意識(潜在意識)から100万回のアクセスがあって、

潜在意識に蓄積された様々な情報と照らし合しながら、

ひとつひとつの行動を決めていると言われています。

「つきあいたい!」と思いと相反する

潜在意識にある「傷つきたくない!」という意識を作りだす元(トラウマ・感情)をきれいにしないとなかなか積極的な行動が出来ないんですよね。

自分の身体の中にはエゴというエネルギー体があって、

一般的に、意識的に行動をしないと、

「自分がしたいことを作りだすんだ!」という思いよりも、

「自分を守る!」というエゴの防御意識の方が強く働く傾向にあります。

では、この防御意識を超えて、

「自分がしたいことを作りだすんだ!」

という思いで生きていくにはどうしたらいいでしょうか、、、。

それは、

ひとつは、潜在意識にある今となっては不必要となっているトラウマや感情をきれいにすること。

もうひとつは、「本当に怖いのか?」「本当に傷つくのか?」を試してみる事ですね。

試してみると意外とたいしたことなかったりするかも(笑)。

パートナーがほしいのになぜ?1
パートナーがほしいのになぜ2

パートナーがほしいのになぜできないのか?2

カテゴリー:パートナーシップ

前回の記事で、パートナーシップに対してのあたしの体験談から話をさせてもらいました。
https://www.dailyhappy.jp/?p=96

頭の中で、「おつきあいする方とは一生添い遂げるもの」と思っていたけど、

実は、それに対して、

「怖い」

という思いが心の奥底(潜在意識)にあったのが今ならわかります。

と前回の記事で書きました。

やっぱり、「一生」って怖くないですか?(笑)。

「自分の人生がこれで決まる!」

と思ってしまったら、どうでしょうか?

「あなたは怖いですか?」

「その恐怖心は、なんでしょうか?」

「人生がこれできまってしまうのが怖いのかしら?」

それとも、

「裏切られるのが怖いのかな?」

それとも、

「傷つくのがいやなのかしら?」

いろいろなケースが多いですが、

「自分が傷つくのが怖い」

って方が結構多いと思いんじゃないかしら?

みんな、現世や過去生の経験で、様々なパートナーシップ関係を造ったりや恋愛をしています。

でも、

「現世ではパートナーとお付き合いしたことがほとんどいない」

という人もいるかもしれないわね。

「今世こそパートナーと幸せな恋愛や結婚をするのよ!」

と思って生れてきているんじゃないかと思うけど、、、、(^^)。

でも、一方で、そう思っているからこそ、過去生では、辛い恋愛経験をしてたりするのよね。

そうすると、、、

「すてきな恋愛がしたい!」

でも、、、、

「あんな辛い思いしたくない!」

という相反する感情を持つことになります。

こんなケースの場合は、この世の場合は、肉体とエゴの影響を受けて、ネガティブな内容に対しフォーカスがいってしまう場合が多いのよねぇ~。

だから、恋愛する事に対して、潜在意識にある恐怖心が止める構造になっているのよね。

これが、本人には無意識で行われているのがまたやっかいで、、、、

その3につづく

パートナーがほしい!のになぜ?

カテゴリー:パートナーシップ

女性も男性もパートナーがほしいと思っている人が、わたしのまわりにもいっぱいいます。

なぜ、こんなに、「パートナーがほしい!」と思っている女性男性が多いのでしょうか、、、、

パートナーになるということが、

とても人生の中で大切な事で、

慎重になっている方が多いような気がします。

パートナーとの出会いがあなたの人生の中で大切なイベントである。

それは、その通りですよね。

でも、

「一度決めてしまったら、もう後戻りは出来ない」

「もし違った場合は、傷ついてしまうかも、傷つくの嫌だわ」

とは思っている方がおおいんじゃないかと思います。

かくいう私もそうでした。

なんてったって、中学校2年まで、

「手をつないだらお付き合いしている」

「キスすると子供が出来る」

と思ってました(^^)。

それ以降も、はじめて、女性とお付き合いするまでは、

「お付き合いするという事は一生その方と添い遂げるもの」

だと本気で思っていました。

まぁいわゆる「想い」じゃなくて「重い」タイプの人だったのよねぇ(笑)。

実際、はじめての方とお付き合いしていってみると、、、、

「一生」という重いものではなく、

なんとなくですが、この関係って「流動的」なものなんだな。

と思ったものです。

でも、頭の中で、「一生」と思っていたけど、

実は、それに対して、

「怖い」

という思いが心の奥底(潜在意識)にあったのが今ならわかります。

その2へ続く(^^)。

無料メールマガジン

あなたとあなたの両親との関係がよくなるとあなたの人生はきっとうまくいきます!

成功者はみんなやっている親子関係の秘密をお伝えします。

お名前
姓: 名:

メールアドレス