親子関係がよくなると、あなたの人生はきっとよくなる!

コラム

【親子関係】親子関係は子供しか変えられない2

カテゴリー:パートナーシップ 子育て 男性性・女性性 覚醒 親子関係

【親子関係】親子関係は子供しか変えられない1の続きです。

【1】で、子供が、小さい時から親を絶対的存在として、

思って何度も何度も行動していくうちに、

それが、『当たり前』になっていく。

『当たり前』とは雪道の『わだち』のようなもので、

この『わだち』ができてきて、同じ思いをもって、

同じ行動をする・同じ思いを持つようになってしまう。

という話しをしました。

 

この『わだち』はどこにあると思いますか?

感の言い方なら、分かるかと思いますが、、、

そうです!子供の中にできます。

そして、、、、その後もずっと、、、、大きくなってもその人の中に残るのです。

これをインナーチャイルドともいいます。

『子供の頃ならわかるけど、大人になったら勝手に溶けちゃうんじゃないの?』

『大人になったら関係ないでしょ。』

と思うかもしれません。

『両親が変わらないから、、、』

『わたしの親は昔からそうだ!』

『わたしには親の言動は変えられない』

と思うかと思います。

 

この『わだち』はあなたの潜在意識の中にあります。

潜在意識の中にあるこの『わだち』は、

無意識に内に、親に対する反応(行動)を起こします。

その反応によって、親が同じパターンで反応を返すのです。

そのパターンを繰り返して、親子関係が出来ているんですね。

つまり、あなたが、親子関係を改善したいなら、

あなたの中にある『親子関係のわだち』を

整地してあげる必要があります。

 

『親の中にあるわだちはやらないの?親からやればいいじゃない』と

思うかもしれませんね。

でも、

『当時の親って、「結構、子供のためにいい!」と思ってやってたりする』

するんですよ。

それに、反応をしてしまうのは自分です。

先ほど、自分の反応から親の反応で返すという話しをしましたが、

親の言葉から、自分が反応して、親が反応してというパターンも当然あります。

結局、あなたの親に対する思いは自分の主観的な物ですし、

自分の中にある『わだち』が反応を起こすので、

最終的には、自分でやるしかないのですよね。

 

では、整地ってどうやるのでしょうか?

それに、親子関係を改善する事のメリットにも触れたいと思います。

続きは、

【親子関係】親子関係は子供しか変えられない3

に書きますね。

 


この記事を書いた人

tami3ニックネームは「たみちゃん」「たみ」と呼ばれています。

自分を癒して、自己成長を目指していく過程で、ある時にいきなりおねえさん言葉を連発するようになり、それが自分の中で抑圧をしていた女性性だと知る。

その女性性の名前がたみちゃん(ちなみに、男性性はやっさん)。
それ以来、女性性・男性性というものがどのようなものかを探求していく過程で、今の独自のセッションスタイルを構築。

男性性と女性性両面を持った男性ヒーラーとして活躍中。

» 続きはこちら

この記事が気に入ったら
シェア!しよう

 

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

無料メールマガジン

あなたとあなたの両親との関係がよくなるとあなたの人生はきっとうまくいきます!

成功者はみんなやっている親子関係の秘密をお伝えします。

お名前
姓: 名:

メールアドレス

カテゴリー一覧