親子関係がよくなると、あなたの人生はきっとよくなる!

コラム

【親子関係】わたしの親子関係2<親の言葉の力、子供の生き方を決めてしまう>

カテゴリー:人間関係 子育て 男性性・女性性 親子関係

あたしが小さい時の加藤家は、

父は仕事でほとんど家にいなくて、

母は専業主婦で、

母親が家庭の全部の切り盛りをしていました。

ある意味、昔の家庭ではよくあるタイプだったかもしれませんね。

父は家にはほとんどいなかったけど、ある意味、加藤家では絶対的な存在だったような気がします。

今思うと、母は、子供に対して、父を偶像化する事で、子供のコントロールをしていたのかもしれないなぁ~。

当然、意識的にではなく、無意識的と思いますが。

『なんか悪いことしたら、お父さんが怖いよぉ~』⇒いう事ききなさいよ。

『お父さんみたいに、立派になるのよぉ~』⇒お父さんを見習うのよ⇒お父さんがゴール

『お父さんみたいになる為には、いっぱい勉強して、いい大学に入ると、大きな会社に入れるのよ。』⇒勉強しなさいよ。

『それが、あなたにとって一番幸せよ』⇒いう事きいて、いい子になって、勉強し続けていい大学に入ってね。それがあなたの幸せよ。

さらに、この一連の言葉には、こんなことも受け取っていたようです。

『応援しているわよ。がんばってね。そんなやっちゃんが大好きよ。』

あたしは母親のこの言葉をそのまま受け入れて、

学校の勉強をする事がなによりも幸せの近道だし、

大好きなお母さんが喜んでくれる。

とまじに思っていたようです。

素直だったのねぇ~(^^)。

そして、当時としてはめずらしく小学校の低学年から塾に通い始めました。

そして、大学に入学するまでずっと塾に通っていました。

まぁ、今は塾に行くのが当たり前なのかもしれませんが、、、

後述しますが、自分の体験から、今の私は、子供は小さい時は遊ぶのが一番と思っています。

『1』でも書きましたが、親が喜ぶには?がすべての行動の基準だったような気がします。

そこには自分がないので、、、周りばかり見るようになり、

自己表現が出来なくなり、自分の意志がなく、

人に合わせる事、人に嫌われない事、

を第一優先にする子供になっていいきました(というか大人になっても)。

当時は、母は本当にあたしのことを心から心配してくれたんだと思います。

ただ、そこには、『子供の尊厳』を意識する概念はなかったんじゃないかなぁ~。

なお、子供の尊厳を損なう子育てをすると、子供の自己肯定感が著しく下がって、依存する子になっていきます。

だから、あたしは自己主張のできない子供に育っていったのね(^^;。

くわしくは、無料メールセミナーに書いてあるんで、よかったら登録して、読んでみてくださいね。

そして、あたしは、勉強しました。

その甲斐あって、某有名大学に入学しました。

が、、、、

いい大学に入ったら、なんでもできる。

いい大学に入ったら、いい会社に入れる。

いい大学に入ったら、自由になれる。

と思っていたところ、、、、

大学に入って、何をしたらいいかわからなくなりました。

大学で勉強すればいいんだろうけど、、、何を何のために?

自分を見失いました。

そして、、、タガが外れて、まったく勉強しなくなったのです。

その後、

なんで大学で勉強しなかったんだろう、、、

もったいないことしたなぁ~と後で思ったのですが、、、、、

こうやって思い起こすと、

母親の『いい大学に入ると大きな会社に入れる』という言葉の性で、

【いい大学=ゴール】という自動設定がされていたようですね。

子供のころの親との関係の影響力ってすごいなぁと思います。

ひょっとすると、母親から、「やっちゃん、どうなの?」と聞かれていたかと思います。

でも、これをすることが親が喜ぶこと、それはあたしもうれしいと、

実践していくうちに、いつしか、あたしは、

「どうやったら、親が喜ぶのか?」

という価値観で生きる事になってしまったようで、すでに自分で決めることができなくなっていたようです。

映画「かみさまとのやくそく」でも、

「子供は、親に喜んでもらうために生まれてきた」と言われていますが、、、

親からしてみると、子供の事を考えると、

子供の尊厳を守る子育てって重要だなぁと思いますね。

 


この記事が気に入ったら
シェア!しよう

 

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

無料メールマガジン

あなたとあなたの両親との関係がよくなるとあなたの人生はきっとうまくいきます!

成功者はみんなやっている親子関係の秘密をお伝えします。

お名前
姓: 名:

メールアドレス