親子関係がよくなると、あなたの人生はきっとよくなる!

コラム

【親子関係】すべてはひとつ

カテゴリー:男性性・女性性 親子関係

胎児期の時、あなたは、母親のお腹の中にいましたよね。

胎児の時にどんな事を感じていたでしょうか?

その記憶を『胎内記憶』と言います。

 

映画、『かみさまとのやくそく』で、胎内にいたころの記憶を絵に描いている子供のシーンがありますが、

大抵は、色は赤もしくはピンク色でぼつぼつがあるみたいですね。

うちの子が、昔、胎内に居た時の絵を書いてくれたときも、赤を中心とした絵を描いてくれました。

それと、ママとパパの声を良く聴こえた・安心だったって言ってたわぁ〜。

 

胎児は、お母さんのお腹の中、母胎の中にいる時に、

『すべてはひとつである』

『すべてはつながっている』

『愛に包まれている』

と感じています。

 

そう、『母胎』の中に居る時は、愛と安心と豊かさと癒しと一致感、、、、

『すべてはひとつ』であると感じているのよね。

 

ちなみに、

『胎』は子宮の事で、『ものごとが起こるもと』を意味しています。

女性性(アワ)の象徴でもあって、ここから渦のように生命エネルギーがわき起こってくるのよね。

『肚』はその周りを覆っている腹であり、丹田の事で、

気持ち。感情。意趣。気力。胆力。度胸。度量。などを意味していて、男性性(サヌキ)の象徴でもあります。

渦のように沸き上がる生命エネルギーを表現する場所になっています。

場所はほぼいっしょだし、エネルギー的には、『折り畳まれている』

胎児からすると『ふたつはひとつ』の状態になっているのよね。

女性性(アワ)・男性性(サヌキ)から見ても、胎児期の時には、ひとつであると思っている訳よ。

 

 

『すべてはひとつである』

と聴くとすごく大層なものと感じるかもしれません。

 

『あなたもわたしも神も宇宙も本来はひとつなのよ』

と聴くと、、、ふぅ〜んスピ系だよねぇ〜とか取り合わない人が多いかと思うけど、

本当は、あなたが、母胎に居た時には、そう確認していたのよね。

 

この確信が揺らいだ、、、幻想だ、、、と信じちゃう一番のきっかけになったのが、

『出生』の瞬間です。

胎児は、破水して不安を感じ、産道を通っている時に絶望を感じ、子宮口から光が見えた時に希望を感じるんだそうです。

この経験の時に出来たトラウマを『バーストラウマ』と呼びます。

 

この『バーストラウマ』のおかげで、『すべては別々なものである』という幻想の中で、生きていく事になります。

そして、生きていく過程の中で、この『バーストラウマ』や幼児期・乳児期に両親との関係の中で生まれる『インナーチャイルド』を

癒して、また、統合していくことで、、、、、【かみさまとのやくそく】でいう『親へのプレゼント』を親へ渡して、

胎児期の時に感じていた『すべてがひとつである』という【自己一致感】を、自分がまた体験する事を目的としているのよねぇ〜。

神秘的だわぁ〜(^^)。

 

【自己一致感】と対をなしているのが【自己乖離】です。

みんな、自分の中で、【自己乖離】を起こしているのわかるかしら?

この【自己乖離】は潜在意識の中にできたバーストラウマとインナーチャイルドが原因で起こっています。

なんでかというと、バーストラウマもインナーチャイルドも元々あなたのエネルギーなんですよね。

それが、『とても耐える事が出来ない、、、、』と自分と切り離したものがあなたのトラウマであり感情なのです

 

究極、『不安』『恐れ』『心配』『悲しみ』『寂しさ』『願望』『女性性・男性性』これって、

全部、自分の中で【自己乖離】しているから感じるものです。

 

思い起こしてみると、この【自己乖離】が引き起こす『べつべつである』という分離感が、

自分の中に、不安や恐れが沸き上がる元となっているじゃないかな?

 

『すべてがひとつである』って確信していたら、、、

『お金が足らない』

『あの人から嫌われたらどうしよう』

『あの人から怒られた』

『将来が不安だわ』

なんて、恐れや不安って出てくるかしら?

 

不安になったとき、恐れを感じているとき、まるですべてから切り離されて一人ぼっちになったような気持ちになることはありませんか?

ひとりぼっちだわぁ、、、と孤独を感じたことはありませんか?

あなたは本当はすべてのものとつながっています。

人は誰もが、本当のところ、宇宙の大きな愛に包まれているのです。

すべてはひとつなんですよね。

 

あっ、ただ、無理矢理そうだと思い込まない事ってすごく重要です。

逆に、感じない方向にエネルギーを向ける事になって、かえって、乖離感が増す可能性があります。

わたしのセッションでは、潜在意識にあるバーストラウマ・インナーチャイルドをエネルギーワークで解消・統合しながら、

自己乖離感を解消して、現実に顕在化出来るようにサポートをしています。

ご興味のある方は、問い合わせよりご相談くださいね。

 

 


この記事を書いた人

tami3ニックネームは「たみちゃん」「たみ」と呼ばれています。

自分を癒して、自己成長を目指していく過程で、ある時にいきなりおねえさん言葉を連発するようになり、それが自分の中で抑圧をしていた女性性だと知る。

その女性性の名前がたみちゃん(ちなみに、男性性はやっさん)。
それ以来、女性性・男性性というものがどのようなものかを探求していく過程で、今の独自のセッションスタイルを構築。

男性性と女性性両面を持った男性ヒーラーとして活躍中。

» 続きはこちら

この記事が気に入ったら
シェア!しよう

 

コメント

  1. 岸宏一 より:

    こんにちは。

    先日にふと住んでいる市の街中に行き、ぶらぶら買い物をしながら街並みを観て来ました。
    人はあまり居なかったですな、といっても何人か結構居ましたが、何故だか凄く癒されこの街をなんとかしたいと思いました。
    おそらく皆さん同じ気持ちだと確信しています。
    帰り際に、これからは親子が鍵だと思いました。
    この映画の事を知らされ、間違いではないと強く思います。
    まさに新しい動きがありますね。
    応援しております。
    ありがとうございます。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

無料メールマガジン

あなたとあなたの両親との関係がよくなるとあなたの人生はきっとうまくいきます!

成功者はみんなやっている親子関係の秘密をお伝えします。

お名前
姓: 名:

メールアドレス

カテゴリー一覧