親子関係がよくなると、あなたの人生はきっとよくなる!

コラム

【アワサヌキ】親から受け継がれたセクシャリティーに対する観念

カテゴリー:男性性・女性性 親子関係

【みなさんは、親からセクシャリティーについて教えてもらいましたか?】

『男性と女性はこうなっていて、、、』

『どうすると子供が出来て、、、』

実は、まったく、わたしは親からそういうことを教えてもらえなかったんです。

当時の私の家系はなぜか男性が多くて、、、、父方も母方も従兄弟は10人ぜんぶ男性だったこともあって、、、

まったく、女性とふれあう機会もなくて、、、、。

女性と言えば、母とおばあちゃんだけでした。

そうすると女性ってどんな存在なんだろう?と思ったりもしたんだけど、

わたしはいい子ちゃんだったので、なかなか踏み込んでは聞けなかった。

母親にとってはそういう話しは一切タブーだったみたいだったから、、、、

いい子には聞けなかったのよね。

ちなみに父親はあたしと顔合わせる機会もほとんどなかったんで、、、、論外ね(笑)。

中学校2年生の時に(中学校2年生よ!びっくりでしょ)、意を決して、母親に『子供ってどうやって出来るの?』と聞いた事がありました。

そうしたら、母は『子供はコウノトリが運んでくるのよ』って言ってたわ。

当時、テレビで、メロディーに乗せながらアップテンポで『タンパックスタンポン♫』と言ってるCMが流れてたんだけど、、、

みんな知ってる?

わたしは、なんか、そのメロディーが気に入って、

学校で『タンパックスタンポン♫』『タンパックスタンポン♫』と連呼してたら、

女の子から、『加藤君、えっちぃ〜』と言われちゃった、、、、、、でも、なぜか分からなかった強者でした(笑)。

そうしているうちに、女の子をどんどん神聖化していったのよね。。。。。

あの服の中は、、、光ではないか、、、まぶしくて見えないんじゃないかって(笑)。

でも、あこがれはありました。

だって、神だもんね(笑)。

それに、かわいんだもん(*^^*)。

見るに見かねて?、友人が、エッチ本を私に、『お前これ見ろ!』と渡された事もありました(ちなみに高校一年生(^^;)。

はじめは、、、親の意向に背くようで見れなかったかも。。。。

なんか踏み込むのが怖くて、、、、

いや、、、、母親が触れては行けないいけないものに触れては行けない、、、それは悪い事だと思っていたかもしれないわね。

でも、見ちゃったけど(笑)。

ただ、、、、女性を神聖化していたわたしには、、、、これは何か違うのでは?と思ったみたい。

それに、エッチ本を渡してくれた人のにやにやしている顔もなんか嫌だったんだのねぇ、、、。

スーパーいい子ちゃんのやっさんは、更に、受験勉強に没頭していったような気がします。

やっぱり両親の影響力ってすごいなと思います。

性欲でさえも抑えつけるような観念をつくっちゃたわけで、、、、。

ここまで来ると、母親は男の子に教えるのが照れくさかったからなのか分からないけど、、、、、

ここまできちゃうと、ちょっとどうかと思うわよね。

昨今の、出生率の低下との関連もあるのかも。

まぁわたしだけかな。素直さが私の取り柄だったんで(笑)

セクシャリティーシリーズまだまだ続きます。

 


この記事を書いた人

tami3ニックネームは「たみちゃん」「たみ」と呼ばれています。

自分を癒して、自己成長を目指していく過程で、ある時にいきなりおねえさん言葉を連発するようになり、それが自分の中で抑圧をしていた女性性だと知る。

その女性性の名前がたみちゃん(ちなみに、男性性はやっさん)。
それ以来、女性性・男性性というものがどのようなものかを探求していく過程で、今の独自のセッションスタイルを構築。

男性性と女性性両面を持った男性ヒーラーとして活躍中。

» 続きはこちら

この記事が気に入ったら
シェア!しよう

 

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

無料メールマガジン

あなたとあなたの両親との関係がよくなるとあなたの人生はきっとうまくいきます!

成功者はみんなやっている親子関係の秘密をお伝えします。

お名前
姓: 名:

メールアドレス

カテゴリー一覧