親子関係がよくなると、あなたの人生はきっとよくなる!

コラム

まず、中心(女性性)につながって、外に表現をする

カテゴリー:男性性・女性性

自分自身の外見である女性や男性のほかに、

そもそも、自分の内面にも、女性性(アワ)と男性性(サヌキ)が存在してるって、

女性性(アワ)・男性性(サヌキ)のコラム記事で説明をしてますが、

女性性(アワ)は、自分の中心につながっていく性質があって、

男性性(サヌキ)は、自分の外側に表現していく性質があります。

目的や目標を設定して達成をしていくというのは、男性性(サヌキ)的な素養です。

また、自分を愛する、自分の本質とつながるというのは、女性性(アワ)的な素養になります。

今までの世間では、目的や目標を達成していくという男性性(サヌキ)的な要素が評価されてきました。

今までは、「目標を達成して、なんぼ」だったわけ。

この男性性(サヌキ)的素養だけで目標や目的を達成することにフォーカスを当てていると、主体的ではなくて、依存的な流れが起りやすくなります。

つまり、

「自分が何をしたいのか?」

「自分は何のためにやっているのか?」

などと、自分を見失ったり、人生に対する意欲が減退したり、自分探しや、ライフワーク難民になったりするのよね。

ここで重要となるのが、「中心とつながる」という女性性(アワ)的素養なのよね。

「じゃぁ、使えばいいじゃないの!」

と思うわよね。

でも、男性性(サヌキ)と女性性(アワ)はバランスを取ろうとしますので、

いつも男性性(サヌキ)ばっかり使ってると、女性性(アワ)がうまく使えないし、

女性性(アワ)が低次化してしまって、更に、自分を責めたてるようになってしまうのよね。

大事なのは、自分の中にある男性性(サヌキ)も女性性(アワ)も尊重して、愛しんでいることが重要じゃないかと思います。

そうしていく中で、女性性をうまくつかえるようになってきます。

自分の本質は、外にはありません。

自分の価値も、外にはありません。

自分の内側とつながって、自分の本質にも自分の本当の価値にもつながるのよね。

 


この記事を書いた人

tami3ニックネームは「たみちゃん」「たみ」と呼ばれています。

自分を癒して、自己成長を目指していく過程で、ある時にいきなりおねえさん言葉を連発するようになり、それが自分の中で抑圧をしていた女性性だと知る。

その女性性の名前がたみちゃん(ちなみに、男性性はやっさん)。
それ以来、女性性・男性性というものがどのようなものかを探求していく過程で、今の独自のセッションスタイルを構築。

男性性と女性性両面を持った男性ヒーラーとして活躍中。

» 続きはこちら

この記事が気に入ったら
シェア!しよう

 

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

無料メールマガジン

あなたとあなたの両親との関係がよくなるとあなたの人生はきっとうまくいきます!

成功者はみんなやっている親子関係の秘密をお伝えします。

お名前
姓: 名:

メールアドレス

カテゴリー一覧