親子関係がよくなると、あなたの人生はきっとよくなる!

コラム

私の親子関係<父親の過去編>裕福から一転どん底へそこからの成功

カテゴリー:人間関係 子育て 親子関係

実は、私が小さい頃の父親との記憶がほとんどありません。

かえってくるのはいつも深夜、早朝に家を出て、休みと言えば接待、、、、

父と会う機会もほとんどなかったんですよね。

父は、加藤家の五人兄弟の長男として生まれました。

終戦前までは裕福な家庭だったらしく、大森駅だか蒲田駅前にある御殿のような家だったそうです。

が、戦後、戦時中に軍隊に協力したとGHQの意向で、財産の没収の憂き目にあったらしくこともあって、

あっという間にほとんど財産がなくなってしまったらしい。

その後、祖父はおかしくなり、、、、自分の母と兄弟を父が支えていたそうです。

自分の弟や妹の大学までの学費も全部出したらしい。

すごいなぁ〜。

父は、この辺の昔の事は、なかなか、教えてくれなくて、、、、おじさんおばさんからちょっと聞くくらいだったんだけど、

最近、ちょっとずつ、話しをしてくれるようになったのよね。

最近、父に聞くと、懸命に働いていたときは、思い出したくなかったそうです。

父が祖父と絶縁した事や、祖母の思いなどいろいろな葛藤のある中で、葬式は自分が喪主として引き受けたり、

した背景とかもこの間聞きました。

実は、当時、祖父はずっと前に他界していたと聞いていたら、いきなり、祖父の葬式をやると言われて、

びっくりしたのよねぇ〜。

こうやって、思い直してみると、最近、父親の人生模様をいろいろ聞く機会があって、とてもうれしいです。

毎回毎回、話し聞く時に、『なんで、こんな話しが聞きたいんだ?』と父から聞かれるんだけど、

『だって、知りたいから』というと、最近は、あまり表情には出さないけど、話しをしてくれるのよね。

祖父の転落していった人生を目の当たりにしているから、自分は大学に入り、会社員になる道を選んだ。

当時は、熱海に住んでいたそうで、毎日、池袋あたりまで通学していたらしいわ。

そして、会社員として、猛烈に仕事をする道を選んで、ある種、頂点にたったのよねぇ〜。

すごいわぁ〜。

 

こんな、両親のすべてを引き受けたやっちゃんは、なるべくして、

やっちゃんは、『勉強⇒いい大学⇒大きな会社』の道を選んだのね。。。。

何も、父親と同じようにすべてを捨てて?、勉強一本になる事もあるまいに(笑)。

まぁ、ある意味、素直だったのね。

『その与えられた流れ、両親の思いに対して・・・・』

 

そんなことを思い馳せてみると、母親が私の小さい時に言っていた

『やっちゃん、いっぱいお勉強して、いい大学に入ると大きな会社に入れるのよ。』

『それがやっちゃんの幸せにつながるから。今は、お勉強がんばってね。』

というのも父親の事もあったのかもしれません。

と言っても、母親なりの過去も当然あったんだけど、、、これはまたの機会にしますね。

 

新婚当時、妻の愛ちゃんから、

『お父さんと話しているときって、まるで、会社の上司と話しているみたいね。』

と言われたんだけど、そのころに比べると変わったなぁ〜と思います。

これも、一悟術ヒーリング、ライフ・デザイン・メソッドを含めた自分の取り組みや

自分と関わってくれた皆様のおかげです。

ありがとうございます。

 

父親は、家には全然居なかったけど、それは、

『私の家庭では、あんな思いをさせない。』

という気持ちからだったんだと

 

『素直』であることは、わたしの長所なのよね。

これは両親から受け継いだものだと思う。

あの頃は、インナーチャイルドの影響もあって、両親や周りの動向に向けていたかもしれないけど、

自己乖離が解消されれば、そのエネルギーは、自ずと、自分に向いていきます。

この『素直』という面を、『自分に対して』向けていく。

これが、これからの流れになるのでしょうね。

おとうさん、ありがとね♡

 

 

 


この記事が気に入ったら
シェア!しよう

 

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

無料メールマガジン

あなたとあなたの両親との関係がよくなるとあなたの人生はきっとうまくいきます!

成功者はみんなやっている親子関係の秘密をお伝えします。

お名前
姓: 名:

メールアドレス