親子関係がよくなると、あなたの人生はきっとよくなる!

コラム

父への深まる感謝の気持ちと新しいステージ

カテゴリー:親子関係

『あなたにとって、父親とはどんな存在ですか?』

 

先日、不思議な体験をしました。

とあるお誘いを頂いて飲み会に参加しました。

実は、前の会が延長になり、ただでさえ、行くのが遅くなった上に、、、

場所が分からず、、、30分くらい周辺を彷徨っていました。

幹事の方と連絡がついた時も、電話で約束した待ち合わせ場所がまったく違った場所だったりして、、、

なんなんだろう?と思っていましたが、どうも行くこと自体に抵抗が出ていたようです。

幹事の方にも迷惑をかけちゃいまして、、、ごめんなちゃい!でした<(__)>。

 

席はいっぱいで、、、席を作ってくれた場所で、自己紹介を軽くした所、

隣の方が、私の名刺を観るなり、、、、

『なんで、この仕事を始めたんですか?』

といきなり聞いてきました。

 

『あぁ、、、と、、、それはですねぇ、、、波瀾万丈の人生を歩んでまして、、、、

いろいろありましたが、一番のきっかけといえば、、、、

母の壮絶な他界が原因だったんです、、、』

と話をはじめたら、、、なんか流れで、結局、最後まで話す事になったんですよね。

 

お話をしてみたら、、、隣の方も隣の隣の方も大切な方がショッキングな他界をされているということでした。

なんか、びっくりしました。

感慨深いと共に、、、私が感じた事は、、、、

『あぁ〜これはガイドと上が設定した席なんだ、、、だから抵抗が出たんだ、、、』

他のお二人の方も同じような事を考えられていらっしゃったようです。

今回の事から何か動きがあるかもしれません。

まぁ、どうなるかは、、、だれもわかりませんけど(笑)。

 

 

そして、ちゃんと場が設定されていたかのように、翌日、実家の父の所に行ってきました。

 

母が他界して、もう10年になります。

 

母が他界する前には、母は父の寿命の事を心配していたのに、

父は、母の代わりに生命エネルギーを受けたかのように元気です。

私も父が元気で居てくれてうれしいです。

 

そして、昨日、母が他界した時のことをまた思い出していました。

 

母が急死したあの時、、、、大阪まで駆けつけてくれたとき、父は私には何も言いませんでした。

 

言った事は、ただ一言、、、、『大変な事になったな、、、』

 

私は、母が他界したとき、ただただ泣くばかりでした。

本当に悲しかった。

これは事実です。

 

父もたまに涙をみせていました。。。。

私は、母の生前からあまり会話のない夫婦なのかなと思っていたのですが、

父と母がお互いに深く信頼していたんだなというのを、母が他界してから、じわじわと感じていました。

 

多分、あのとき、父も、すごくショックで、、、すごく悲しくて、、、とっても辛くて、、、深く悲しんでいたんだなと思うんです。

でも、ジョークもいいながら、たんたんといろいろなことをこなしていました。

 

私はこまごまないろいろな契約処理などをやっていましたが、、、

当時の私は、あまりに悲しくてショックで、、、いろいろなものが溢れ出て来て、、、、その後いろいろな門戸を叩くようになりました。

 

毎月、家族で、父に会いにいく事は心がけていますが、

父がどう思っていたどう感じていたんだろうかって、、、今まで真剣に考えていなかったも知れません。

あの時は、事実を受け止めて、、、本人自身もいろいろな思いがあったと思います。

それに、、、私自身が言われた位ですから、父も生前の母の友人からいろいろ話があったんじゃないかと思うんですよね。

それも、父一人で、誰にも言わずに、受け止めていたんです。

 

何も言わずに、私を守ってくれていたんだなぁ、、、、と、、、、

 

70歳を超えて、母が居なくなった実家で、一人暮らしをしながら、どんな気持ちでいたんだろうと、、、

 

だれを責める事もなく、だれにも泣き言を言わず、、、、

 

『すばらしい父だなと、、、、』

 

昨日、、、、実感しました。

 

そうすると、、、父への愛と感謝の気持ちがあふれて来て、、、、

 

また、涙が止まらなくなりました。

 

ほんと、、、、愛されているんだなぁ、、、、。

 

これも、、、ガイドと上からのお導きですかね。

ありがたいなぁ、、、、と思います。

 

 

別に、父に他意はなかったと思うのですが、

実は、母の生前は、父親とはあまり会話する事がありませんでした。

 

別に喧嘩していた訳ではないんですよ。

まぁ、何話したらいいか分からない、、、という感じでしょうか、、、。

私のお客様にも多いですが、そういう人結構いるんじゃないでしょうかね。

 

 

母が他界してから、ちょっとずつ、父と話すようになりました。

父からは話さないので、私は、昔をたぐり寄せるように話をしていました。

 

けど、、、父はなかなか腹を割って、本心をしゃべるというのは相変わらずないんですよね。

 

『なんで家に居なかったの?』

と聞いた時には、

『いやぁ〜あの時はすまなかった。』

と、笑いながらある意味ごまかしている父でしたが、、、、

 

毎月、家族で家に遊びにいくうちに、徐々に、少しずつ話をしてくれました。

 

どうも、簡単に言うと、、、照れくさかったようです。

そして、父は、いつしか、家庭に居るのではなく、更に、仕事中心になる事を選ぶようになりました。

 

私が父に何を話していいのか分からなかったように、、、、

父も私に何を話していいのか分からなかったようです。

そして、何を話していいか分からないから、経済の話をしていたわけね(笑)。

 

実は、妻の愛ちゃんからは、、、会った当初、

『なんか、お父さんと話している時って、上司と部下みたいね』

と言われていました。

 

この時は、まだ、一悟術にも出会っていなくて、たみちゃんが発動する前のこと。

 

うちの子供が、ちゃちゃじーちゃん(娘たちの父の呼び名です。ちゃちゃは実家に居る犬の名前。)が大好きで、毎月、遊びにいっています。

じーちゃんも、まぁ、本心あんまし言わないけど、喜んでいるのかな。

 

私は、ずっとずっと、自分の辛い気持ちの処理をして、、、

気が付いたら、、、

たみちゃんが発動して、、、

人間の可能性の素晴らしさを実感して、、、

そして、今この御役目をさせて頂いています。

 

父親は、社会の象徴と言いますが、、、、、私の社会対する仕事のスタンスも新しいステージに変わりそうです。

 

何を話していいか分からない存在から、、、手探りをする存在になり、、、取っ付きにくい存在から、、、感謝の存在になり、、、これからが楽しみですね。

 

そして、父との時間はこれからも大切にしていきたいです。

 

いつもいつもありがとうございます。

 

たみちゃんより愛と感謝をこめて

 

 

p.s.母の他界の出来事、、、親との関係の重要性を学んだことについてご興味のある方は、HPの無料メールセミナーに書いてあります。ご興味のある方はどうぞ。

 


この記事を書いた人

tami3ニックネームは「たみちゃん」「たみ」と呼ばれています。

自分を癒して、自己成長を目指していく過程で、ある時にいきなりおねえさん言葉を連発するようになり、それが自分の中で抑圧をしていた女性性だと知る。

その女性性の名前がたみちゃん(ちなみに、男性性はやっさん)。
それ以来、女性性・男性性というものがどのようなものかを探求していく過程で、今の独自のセッションスタイルを構築。

男性性と女性性両面を持った男性ヒーラーとして活躍中。

» 続きはこちら

この記事が気に入ったら
シェア!しよう

 

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

無料メールマガジン

あなたとあなたの両親との関係がよくなるとあなたの人生はきっとうまくいきます!

成功者はみんなやっている親子関係の秘密をお伝えします。

お名前
姓: 名:

メールアドレス

カテゴリー一覧