親子関係がよくなると、あなたの人生はきっとよくなる!

コラム

水のお話、、、『みづ』と『みず』<日本の源流を感じました>

カテゴリー:親子関係

『みづ』ってなんだかわかりますか?

先日、能の先生と国語の先生とお話をした時に、恥ずかしながら、はじめてしりました。。。。

『水』って、もともと『みづ』って書いていたんだそうです。

 

ちなみに、松尾芭蕉の有名な俳句も、、、、もともとは、

『ふるいけや かわずとびこむ みづのおと』

らしく、、、全く知らなかったわ、、、、。

 

これが変わったのは戦後から、、、、。

時代的な背景はコメントを控えさせて頂きますが、、、

 

ミヅ

水。瑞。蜜。密。
混沌にアメミヲヤの「初の一息」が吹き込まれ、陰と陽が分れる。
重い陰は凝って泥となる。泥はさらに分離し、沈む埴と上澄みの水に分れた。
あるプロセスにおいて最後に得られる上澄み(精髄)を「みつ」と言う。
したがって「みづ(瑞)」「みつ(蜜)」「みつ(密)」も「みづ(水)」と原義は同じ。

だそうです。

 

つまり、、、みづとは、満つ、蜜、充つ、瑞を意味するそうです。

水とは、、、満ち足りていること、充分である事、不足がない事、

満足である事、蜜ている事、若々しい事、生き生きと美しい事、めでたい事、、、

 

みずとは、、、見ず、、ミス、、、?(国語の先生談(笑))

たしかに、エネルギーが全然違うなぁ〜。

 

これはいいかもと思ったんですが、自分の意識の中で、切り替えようとしましたが、なかなか、、、難しいもんですね(^^;。

 

お話をお聞きして、水というのは日本の源なんじゃないかなと感じました。

 

日本語の奥の深さをあたらめて実感しましたのでした(^^)。

 

それと、、、これを調べて書きながら、、、自分の自己肯定感が上がっている事に気が付きました。

 

日本ってすばらしいなぁ、、、日本語ってすごいなぁ〜と感じました。


この記事を書いた人

tami3ニックネームは「たみちゃん」「たみ」と呼ばれています。

自分を癒して、自己成長を目指していく過程で、ある時にいきなりおねえさん言葉を連発するようになり、それが自分の中で抑圧をしていた女性性だと知る。

その女性性の名前がたみちゃん(ちなみに、男性性はやっさん)。
それ以来、女性性・男性性というものがどのようなものかを探求していく過程で、今の独自のセッションスタイルを構築。

男性性と女性性両面を持った男性ヒーラーとして活躍中。

» 続きはこちら

この記事が気に入ったら
シェア!しよう

 

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

無料メールマガジン

あなたとあなたの両親との関係がよくなるとあなたの人生はきっとうまくいきます!

成功者はみんなやっている親子関係の秘密をお伝えします。

お名前
姓: 名:

メールアドレス

カテゴリー一覧