親子関係がよくなると、あなたの人生はきっとよくなる!

コラム

あなたは愛の種子、つまり愛そのもの、、、どんな花を咲かせるかはあなたの自由

カテゴリー:親子関係

愛知の『かみさまとのやくそく』懇親会で、

平野愛さんと話しているときに、『愛だ』なんだってインスピレーションが降りてきました。

わたしの妻は、『あい』といいます。

わたしの母は、『アイ子』といいます。

あたしは、むかしから、争い事が嫌いでした。

引っ込み思案だったのかもしれませんが、、、、

けど、ベースにあったのは、『みんな愛』だったんだなと思います。

だから、すべてを許容して受け入れようとしました。

まさしく、アワ(女性性)の特質を地で生きるような子供だったんだなぁと思うわ。

いじめられた時もあった、、、そんなときはずっと我慢をしていた時もあった、、、

どうしても耐えられなくなって、反撃に出た時、、、、

相手を抱え込みながら、泣きながら、、、、大泣きをしながら、、、ただただ殴り続けた。。。。

ずっと我慢をしていたのに、、、殴りつけている間は、、、ずっと嗚咽を吐くように泣いていた。。。。

そのときに、その思いや怒りは相手に向けられていたのか、、、、?

多分、ちがう、この涙は、怒りから動いている自分に向けられていたような気がします。

『愛なのに、、、』

『愛なのに、、、』

『愛なのに、、、なんで、、、、』

っていう自分がいたような気がする。

みんな、愛の源なんです。

というか、そもそもそのまんま愛なんですよね。

この場所で、、、愛そのまんまなんだと、、、確認をする、、、愛に包まれる、、、それが人生なのかな?

愛は、、、、まわりにはない、、、愛はあなたの中にある、、、

それに気が付いた時、そうだと確信した時、、、、

まわりと愛が共鳴をしていく、、、、

共鳴をして、、、すべてが愛だと気づいていく、、、

あなたは、愛の種子。

種子とは、、、子供、、、、

そして、、、つまり愛そのもの、、、、

どんな花を咲かせるかは、あなたの自由、、、、

愛と気づくきっかけをくれた『かみさまとのやくそく』の愛知懇親会、、、

『かみさまとのやくそく』の荻久保監督がこの歌をシェアされていました。

染み入りますね。。。。。

ありがとうございます♡。

愛は花、君はその種子(THE ROSEより)

作詞者 Amanda McBroom/高畑勲 作曲者 Amanda McBroom

やさしさを 押し流す

愛 それは川

魂を 切り裂く

愛 それはナイフ

とめどない 渇きが

愛だと いうけれど

愛は花 生命の花

きみは その種子

挫けるのを 恐れて

踊らない きみのこころ

醒めるのを 恐れて

チャンス逃す 君の夢

奪われるのが 嫌さに

与えない こころ

死ぬのを 恐れて

生きることが 出来ない

長い夜 ただひとり

遠い道 ただひとり

愛なんて 来やしない

そう おもうときには

思い出してごらん 冬

雪に埋もれていても

種子は春 おひさまの

愛で 花ひらく


この記事を書いた人

tami3ニックネームは「たみちゃん」「たみ」と呼ばれています。

自分を癒して、自己成長を目指していく過程で、ある時にいきなりおねえさん言葉を連発するようになり、それが自分の中で抑圧をしていた女性性だと知る。

その女性性の名前がたみちゃん(ちなみに、男性性はやっさん)。
それ以来、女性性・男性性というものがどのようなものかを探求していく過程で、今の独自のセッションスタイルを構築。

男性性と女性性両面を持った男性ヒーラーとして活躍中。

» 続きはこちら

この記事が気に入ったら
シェア!しよう

 

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

無料メールマガジン

あなたとあなたの両親との関係がよくなるとあなたの人生はきっとうまくいきます!

成功者はみんなやっている親子関係の秘密をお伝えします。

お名前
姓: 名:

メールアドレス

カテゴリー一覧