親子関係がよくなると、あなたの人生はきっとよくなる!

コラム

【親子関係】命日と命の日

カテゴリー:親子関係

ここ数週間、お客様のご出産のご連絡を頂く事がいくつかあって、ステキだわぁ〜感じていたのよね(^^)。

そういったお話を聞きながら、お客様の人生をあたらめて振り返って、、、、、

共感して、、、自分が子供が生まれたときとシンクロしつつ、、、、、、

お客様にわきあがる思考感情などのフォローをさせていただいていました。

 

生命が生まれるというのはほんとダイナミックだなぁ〜生命の循環ってすごいなぁ〜と感じました。

まさしく、生命が生まれる日が、、、、【命の日】だと感じたんですよね。

 

で、、、、実は、今日は母の【命日】なんです。

 

今日、母親の墓参りをしながら、母が他界した時の私と自分をイメージがかさなって、、、、いろんなことを考えていました。

あの頃は、私は某大手電器会社に勤めてたんだけど、、、

まさか自分が会社を辞めて、、、、、今の御役目をさせていただくことになるなって、、、

あれから、、、、12年、、、今の自分のようになるなんてほんとびっくりです。

 

母からは、『私が大きな会社に入るのがあなたの幸せ』って小さい頃から言われていました。

そう、母の他界がきっかけに自分が生きるってことに真剣に向き合う事に結果的になりました。

 

泣きながら、、、、、

 

啼きながら、、、、、

 

『自分の生きている意味』を問いただすようになっていた。。。。。

 

なんか今でも当時の事を思い出すと不思議な感じになります。

 

今日の母の命日の日に不思議なご縁がありました。

母の命日だし、、せっかくなので、お墓のお掃除をしていました。

とぉ〜てもきれいになったんですよぉ〜♡。

そうしたら、、、、母の葬儀以来お会いしていない方と出会いました(^^;。

母の葬儀のときは、それこそ私は大泣きだったので、、、、ほとんど話しもしていなかったと思います。

これがなんになるのかはよくわからないけど、少なくても、偶然に墓前に集った人たちを観て、、、、

『母はとっても喜んだんだな』と思ったんですよね(^^)。

 

そして、それは、わたしにも当然意味があるのかなぁ、、、って。

 

あぁ〜命の日だぁ、、、、だから『命日』なんだとおもったんです。

 

でね、なんで、他界した人の亡くなった日の事を【命日】って書くのって不思議と思いませんか?

『の』を入れると誕生した日の話しになるんですよ。

そして、命が亡くなった日なのに、、、、『命日』なんです。

 

面白いと思いませんか?(^^)

一説によると、もともと「冥土へ行った日」で『冥日』といっていたらしくて、

ある方が、『冥』から、読みが同じである『命』に変えたと言われています。

 

これってどういうことかというと、 簡単に言うと、この世のやるべきことを終えて、、、、、、、

魂が帰る場所であり、あの世で『命をもらった日』という意味で『命日』なんだそうです。

 

そして、この世に残された人は、今までの自分を振り返って、新しい自分として生きていく。

残された人は、自分の今までの生き方そして自分の命を見直す日だから『命日』なんでしょうね。

 

『命日』と『命の日』、、、古来に人は、生まれる事と死ぬ事にあなり意味を持っていなかったかもしれませんね。

 

当時の私は、母の他界にとっても、、、、こだわりました。

『なんで、母はこんな亡くなり方をしたのだろう、、、、これには絶対意味があるはずだ』

そして、私は、自分探しをし続けました。

結果として、、、こんなことは意図していなかったんだけど、自分の中にあったトラウマ・感情をすべてを解き放つことになりました。

当時の事を思い出すとある意味不思議な感じがしますが、、、、今思うと許しを得る為に必死だったのかもしれません。

自分の存在意義をただただ求めようとしていたのかも。

 

母の他界以降、、、、

私は、自分を成長させていく事に意識が向くようになり、、、

結果として、自分のトラウマや感情を解消していく事をずっとやることになりました。

 

そして、、、、、あの時からはじまったのが、

私に取って、母から『命をもらった日』であり、、、、

私自身の人生を本気で考える、、、、

『私の命を考える日』、、、、

『私の命の火を灯す日』そんな誕生の火だったのかもしれません。

 

そっかぁ、、、自分にとって、、、、『人生の命に火が灯った日』だったんだなぁ〜と墓前で感じました。

 

ずっとずっとやってきた先には、、、、次のステージが待っている。

『命日』だから、、、、【命が生まれる】。。。。。   そんな感じがした『命日』でした。

 

みなさんの『命の火』は、、、、今、、、どんな風でしょうか?

 

今日の墓参りの後に、父とも話しをしました。

父と話していて、

あぁ〜今日は、『命の日』だったんだな、新しい息吹が生まれたわぁ〜と感じました。

子供が変わると親も変わっていく、、、、父を観ているとわかります。

それを目のあたりにしながら、、、、今日の命日はいろいろなつながりも生まれておもしろいわぁぁ〜と思いました。

2016年はほんと変革の年なんだなと実感した本日でしした。

 

今日4月22日は、蠍座の満月です。テーマは『自己変容<古い自分を脱ぎ捨てて新しい自分へ>』で書きましたが、

今はとても大切なタイミングとなっています。

体験セッションの料金を次の新月までの期間限定でサービスしていますのでご活用ください。

体験セッションの申し込みはこちらです。

<<<<<お申し込みはこちら>>>>>

20160502-222631.jpg


この記事を書いた人

tami3ニックネームは「たみちゃん」「たみ」と呼ばれています。

自分を癒して、自己成長を目指していく過程で、ある時にいきなりおねえさん言葉を連発するようになり、それが自分の中で抑圧をしていた女性性だと知る。

その女性性の名前がたみちゃん(ちなみに、男性性はやっさん)。
それ以来、女性性・男性性というものがどのようなものかを探求していく過程で、今の独自のセッションスタイルを構築。

男性性と女性性両面を持った男性ヒーラーとして活躍中。

» 続きはこちら

この記事が気に入ったら
シェア!しよう

 

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

無料メールマガジン

あなたとあなたの両親との関係がよくなるとあなたの人生はきっとうまくいきます!

成功者はみんなやっている親子関係の秘密をお伝えします。

お名前
姓: 名:

メールアドレス

カテゴリー一覧