親子関係がよくなると、あなたの人生はきっとよくなる!

コラム

【親子関係】コヒーレントに生きる立ち位置を決める重要性<生きる過程で作った観念を手放す>

カテゴリー:覚醒 親子関係

あなたが思いがぶれないほど影響力が増す<エネルギーはコヒーレントであると影響力が増す>

の記事で、

 

『コヒーレントに生きると、自分の思い(信念)を持って行動すると、

自分の中のサヌキ(男性)性が高次化して、

周りに対しての影響力が増すとともに、実現力が増します』

 

という話しを書きました。

 

『そんなたいそうなもの、、、信念なんか、、、わたし持つ価値ないわぁ、、』

『そんなもの、、、思いつかないわぁ、、、、』

とか思ったりした人も多いかもしません。

 

 

『そんなことないのよぉ〜!』

 

『なんでもいいんです!』

 

この信念て、、、人それぞれでなんでもいいんです。

 

例えば、

『自分らしく生きる』

『自分を大切にする』

『自分に優しくする』

『人生を楽しむ』

『愛で生きる』

『自分を表現する事を許す』

『毎日、自分の為に美味しいものを食べる』

『毎日、自分にご褒美をあげる』

『自分の為に野菜を食べる』

『自分の為に瞑想する』

 

よぉ〜はなぁんでもいいんです。

 

信念とは自分が決めているもの、、、、

 

自分の生活レベルから、、、自分の人生を視野に入れるレベルまでいろいろあります。

 

これも、自分で決めればいいのよね。

 

自分の人生の生き方まで視野に入れてものは、

『あなたの生きる立ち位置』

といいます。

 

この『生きる立ち位置』をもっていることで、

自分の人生をぶれずに、コヒーレントに生きていく事が出来るのよね。

 

『いやぁ、、、たみちゃん、、、理想はそうかもしれないけど、、、。』

『たみちゃん、、、それって大変そうだよ、、、、ぶれないなんて無理だわぁ〜。』

『たみちゃん、自分の人生を固定しているようでなんかいやだなぁ、、、』

いろいろなことを考えたりするわよね(笑)。

 

【いいんです!】

 

『ぶれることも許しましょう!』

 

『人生生きていく過程で、「生きる立ち位置」を変えたいと思ったら、それも許しましょう!』

 

立ち位置をしっかり決める事で、その方向に向かう為に必要な事が更に見えてきます。

 

どうかしら?

【あなたにとっての生きる立ち位置とは、あなたにとっての生きるベースです】

そう、ぶれたらその場所に戻ればいいのよぉ〜!

 

だれかれ、みんな、自分らしく生きる事を止めているなにかがあります。

それは、生きていく過程で知らず知らずにその方がいいと信じてしまっているトラウマであり観念です。

 

その、『自分らしく生きる』ことを止めているもの(トラウマ、観念)を外していきましょうよ。

『あなたは、どういう生き方がしたいですか?』

 

みんな、子供の頃に、『これ、やっちゃだめ!』と言われて育ってきています。

わたしは、親に対して、『スーパーいい子ちゃん』でした。

親の顔色を見続けて、親が喜ぶ事を意識して生きてきました。

そこには、、、『これ、やっちゃだめ!』が満載でした(笑)。

あぁぁ〜この話しすると、わたしも耳痛いけど(^^;。

少なからず、自分の子供にもやっているわぁ〜。

 

『ごめんね、、、、』

『ゆるして、、、』

『これやったら、だめ、、、許されない』

という言葉がでている人が多いですよね。

これは、過去の体験のトラウマから来ています。

 

そもそも、何かあると、すぐ謝るのが今の日本人の質としてあると思います。

よっぽど、集合意識レベルで、傷ついているんでしょうね。

 

子供のころ、『やっちゃだめ!』と言われたことって、ある意味勉強して知恵にもなっているんだけど、、、

ある意味、生きる知恵は、制限にもなるのよね。

この生きる知恵をベースに、エゴやサヌキ(男性性)はどうすればいいのかを分析して行動に移していきます。

ただ、、、このパターンは、可能性、独創性を阻害する可能性もあるのよね。

 

あなたには、無限の可能性があるんです。

あなたの可能性は、、、あなたが思っている、、、そんなもんじゃないです。

 

本当は、自分は自分の素晴らしさを知っています。

ただ、忘れてしまっているだけ、曇って見えなくなっているだけなんですよね。


この記事を書いた人

tami3ニックネームは「たみちゃん」「たみ」と呼ばれています。

自分を癒して、自己成長を目指していく過程で、ある時にいきなりおねえさん言葉を連発するようになり、それが自分の中で抑圧をしていた女性性だと知る。

その女性性の名前がたみちゃん(ちなみに、男性性はやっさん)。
それ以来、女性性・男性性というものがどのようなものかを探求していく過程で、今の独自のセッションスタイルを構築。

男性性と女性性両面を持った男性ヒーラーとして活躍中。

» 続きはこちら

この記事が気に入ったら
シェア!しよう

 

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

無料メールマガジン

あなたとあなたの両親との関係がよくなるとあなたの人生はきっとうまくいきます!

成功者はみんなやっている親子関係の秘密をお伝えします。

お名前
姓: 名:

メールアドレス

カテゴリー一覧