親子関係がよくなると、あなたの人生はきっとよくなる!

コラム

感性を極めた状態のひとつ『聖』<聴覚の重要性>

カテゴリー:人間関係 覚醒

感性を高めることの素晴らしさ<堀内恭隆さん全国講演プロジェクトin広島に行って感じた事>

https://www.dailyhappy.jp/?p=1638

で感性の話をさせて頂いたので、、、、感性の小話を、、、(笑)。

 

『聖』という漢字がありますが、

見ての通り、『耳』『口』『王』という感じから成り立っています。

 

ちなみに、『聖』の意味はというと、、、、

OK辞典によるとhttp://okjiten.jp/kanji1064.html

①「ひじり」

ア:「物事の筋道を立てて、計画して、正しく処理していく能力に
優れ、知識が非常に豊富で、人間性・性格・考え方を良く
するために、人の修得すべきものをたくさん備えた理想的
な人」(例:聖人)

イ:「スポーツや芸術などの1つの道をきわめた人」(例:詩聖)

以下は日本のみで用いられる意味

ウ:「美しい」

エ:「地位・身分などがきわめて高い」

オ:「心がきれい(素直)で悪い考えを持っていない」

カ:「濁った所がない」、「透き通っている」

キ:「人間性・性格・考え方を良くするために、人の修得すべき
ものをたくさん備えた人・僧」

②「さとい(賢い)」、「理解・判断が的確で早い」

③「天子(天下を治める者)の尊称(尊敬の気持ちを持って呼ぶ言葉)」

④「天子に関する物事の上にそえる言葉」(例:聖恩)

⑤「清酒(日本酒)の別名」

 

とういうことで、まぁ理想的な状態ですよね。

この理想的な状態というのが、

【耳(聴く事、聴覚)、口(話すこと)が長けている人】

だというのです。

しかも、『耳』が左にあるという事は、『耳』の方が『口』より重要ということです。

 

実は、聴覚というのは、五感の基本です。

聴覚を極めていく事で、いろいろな感覚が覚醒していくのです。

ここでいう、聴覚とは、『聞く』ではなく『聴く』です。

 

では、、、『聴く』と『聞く』の違いとはなにかというと、、、、

『聞く』とは、受動的な意味合いを持っています。

そう聞こえてくるものを流して聞いている感じです。

『聴く』とは、主体的な意味合いを持っています。

主体的に『聴く』とは、、、、意識を向けて『聴いている』状態です。

意識的に見ると、聞いている時には、聞こえなかったら人の性、聴いている時には聴こえなかったら自分の性なのです。

 

でも、『聴く』って、なかなか出来なかったりします。

気が付いたら別の事考えてたり、、、別の音が気にになったり、、、

 

なぜと思いますか?

 

実は、この主体的に聴くというのは、生きていく過程の中でどんどんその回路が閉じていっています。

自分が小さい時に、いろいろな事を親から言われて、、、、聴きたくないから、聞かないようになっていきます。

そして、主体的に聴くということがそもそも出来なくなっているんです。

 

つまり、これも、メンタル体・コーザル体にあるトラウマの影響が大きいんですよね。

私が堀内恭隆さんの10都市講演プロジェクトで話を聴きながら、PCに高速で書き起こしが出来るのかというのも実は関連しています。

 

実は、会話においても、この『聴く』というのはとても重要になります。

相手の言っている事を、主体的に『聴いてあげる』、それから自分の事を話すことで、相手の方は、聴くことができるのです。

 

あなたは、主体的に、『人の話を聴けていますか?』

 

五感で言う所の『聴く』能力が、あなたの潜在能力をどんどん活性化させていく第一歩になっていきます。

そして、『聴く』という能力があなたのコミュニケーションスキルをやインスピレーション力を飛躍的にあげていくきっかけにもなっていきます。

 

そう言えば、、日本酒も『聖』という別名なんですね。。。。

お神酒も関連するかもしれないし、、、上質なお酒は覚醒させるパワーがある事を古人はご存知だったのかもしれません。


この記事が気に入ったら
シェア!しよう

 

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

無料メールマガジン

あなたとあなたの両親との関係がよくなるとあなたの人生はきっとうまくいきます!

成功者はみんなやっている親子関係の秘密をお伝えします。

お名前
姓: 名:

メールアドレス