親子関係がよくなると、あなたの人生はきっとよくなる!

コラム

【親子関係】自分の生きる道を決めるのは?親?子供?人生に本気で向き合う

カテゴリー:子育て 親子関係

わたしは、

『いい、やっちゃん、一生懸命、勉強して、いい大学に入ったら、大きな会社に入れるから、それがあなたの幸せなのよ。』

『まずは、大学に入ったらね。やっちゃん、頑張ってね、応援しているわ。』

と言われて、ずっと、ずっと、自分を見ないように、勉強を続けてたのよねぇ〜。

 

そう言えば、当時は中学から受験する人は割と特殊だったんだけど、

中学校受験の時に、桐蔭中学校の受験をしました。

お友達といっしょに受けて、、、、合格発表を母親と一緒に見に行きました。

結果、私は落ちて、友人は受かったのよね。

受験発表の帰り道、ケンタッキーのいい匂いがして、、、、

『一緒に食べようよ』と友人と友人のお母さんに言われたんだけど、母親は断りました。

『なんで?』と思っていて、、、私がmその夜に、テレビで太陽にほえろ!を見ていたら、

『そんなもの見てないで勉強しなさい!』と言われたのよね。

なんか、えらい腹立ってきて、、、翌日の滑り止めの受験を受けるのをボイコットしたのでした。

まぁ、さんざ勉強やってきてて、、、、物心ついて、母親に抵抗した初めての事だったわ。

母親は、その後、ずっと機嫌取りしてたけどね(笑)。

あたしはがんとして、、、公立中学校に行くことになったのよねぇ、、、。

でも、中学校行っても塾はずっと行ってたわよ。

 

けど、あの時、もし、私学に行ってたら、、、、

その学校は男子校だったから、このウブさ加減が、もっと大変な事になっていたに違いないな。

高校にもなって、『子供ってどう生まれるの?』『コウノトリさんが運んでくるのよ』

って親子の会話が続いてたら、怖くない?十分あり得る(笑)。

少なくても女性とふれあう機会はゼロだったに違いないわ。

 

私の場合は、父親は、ほとんど登場機会がなかったので、、、、(実はこれが大きかった)

母親との関係中では、

『親からほめられる事をする』

『親から怒られない事をする』

『成績が良くないと自分のしたい事が出来ない』

『大きな会社に入らないと、私の人生は不幸になる』

『親や周りから評価されるために生きている』

そんなことが自分の一番の優先事項でした。

今思うと、父の登場機会がなかったから、【周りに評価される為に】というのが加速していったんだと思う。

 

なんだかんだで、、、父と母を喜ばせること怒られないこと生き甲斐にしていたわけね。

なんか、、、、こんな生き方寂しくない?(笑)。

けど、私のような生き方をしてきた、そして生きている人って、いっぱいいると思うですよね。

 

こんな生き方をするとどうなるか、、、、

 

【自分がなくなります。】

 

【何がしたいのか分からなくなります。】

 

【自分で決められなくなります。】

 

そして、母親の言う通り、有名大学に入りました。

 

小中高との大きな違いは、大学では授業を自分で選ぶんですよね。

この時に、、、

『自分ってなにしたいんだ?』

とわけわからなくなったんですよね。

 

このときは、まだ、自分の【幸せ】には踏み込む事は出来ませんでした。

『母親が言う、これがやっちゃんにとって一番の幸せなのよ』

という言葉の、、、『幸せ』ってなに?って。

そして、逃げました。

 

『どうしたら親がまわりが喜ぶか?』とずっと意識する自分がいたけど、

この時は、、、今思うと、多分、親といるのがつらかったのかもしれない。

大学時代は、友人宅をさまよい歩いてました。

大学時代は、勉強する意味も見つからない、自分と向き合う事も出来ない、、、

そんな煮え切らない時間が続きました。

 

唯一、家庭教師や塾の先生のバイトをしていて、

『人に教えるのって好きかも。』

と思ったんですけど、、、

母親から、

『塾の先生って、社会的にはどうなの?』

と言われて、、、やめちゃいました。

 

なんて、煮え切らない人だったんでしょう、、、、(^^;。

『あなたの人生は、お母さんが決めるんじゃないのよ!』

と今の私から言ってあげたい(笑)。

 

それからも、時間延ばしをしていて、、、、

そして、4年生になって、就職を前にして、、、、、

どうしたらいいのか、、、大学院に入るか?就職せずに海外でも放浪するか?

などいろいろなことを思ってはいたんですよね。

でも、あんな生き方してたから、自分じゃ決められない、、、。

 

夏に高知の友人の所に遊びにいくと言ったら、

『就職はどうするの?』『ちゃんとしなさい』と言われて、、、、、

今思うと、『ちゃんとしなさい』に過剰反応していたな(笑)。

 

大学推薦の話しは引く手あまただったところもあって、

『じゃぁ就職するか!』

とその高知行く前に内定が決まる会社にしようと、

就職を決めちゃったんですよね。

当時は、『オーディオ好き『と『大阪好き』と『松下幸之助』の3つの言葉だけで、

就職を決めたんですわ。

 

かるすぎる、、、まったく、自分の人生どう思ってんだか、、、(笑)。

 

『人生の幸せや成功ってなんなのか?』と思ったけど、、、

当時の自分は、まったく、自分の事は見てなかったです。

だって、人の評価を求める事しか出来なかったから。

 

自分の人生を決めるのって、、、、

 

子供の人生を決めるのって、、、

 

【自分(子供)】ですか?

 

【親】ですか?

 

これに対して、【本気で向き合っている】人がどれだけいるでしょうか?

 

わたしは、【本気で向き合っていなかった】経験があるので、痛切に感じるのです。

 

『あなたの人生は、、、誰の人生ですか?』

 

多分親は、『子供が傷つかない為に』と思って道を造ってくれたんだと思います。

『世の中は怖い所だから、私が守ってあげるわ。こうするといいのよ。』って。

その結果どうなったか、、、わたしは、あの頃、だれかの許可がないと動いてはいけないと思うようになりました。

これって、、、、子供の為でしょうか?

『この世の中は、ワンダーランド♫』とすると、、、、障害を全部とって、子供は楽しめるかしら?

 

『何人たりとも、あなたの許可なく、あなたを傷つけてはいけない。。。』

『傷つくことに恐れる事はない。』

一般社団法人LDM協会の堀内恭隆さんが、全国10都市講演プロジェクトで話しをしていました。

IMG_3751

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうですよ!

せっかくの自分の人生です!

アグレッシプに楽しんでいきましょうよ!

それをぜひ決断してくださいね!(^^)。

 


この記事が気に入ったら
シェア!しよう

 

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

無料メールマガジン

あなたとあなたの両親との関係がよくなるとあなたの人生はきっとうまくいきます!

成功者はみんなやっている親子関係の秘密をお伝えします。

お名前
姓: 名:

メールアドレス