親子関係がよくなると、あなたの人生はきっとよくなる!

コラム

『愛してる』って伝えよう!<2016年の大切な感覚とアワサヌキのバランス>

カテゴリー:パートナーシップ 子育て 男性性・女性性 親子関係

『言霊が自分の状態を作っている』とか『言霊がいろいろなものを引き寄せる』とか言われていますが、

パナソニックさんが、『愛してる』と大切な人に伝える事で、

『愛してる』って言われた方の体温が上昇したと言う実験動画を公開しました。

 

産經新聞では、広島国際大学医療栄養学部医療栄養学科の高尾文子教授が、自律神経の仕組みを中心にコメントをしています。

 

でも、そりゃぁ〜『愛している』って言えば、そうなるわよねぇ〜♡。

 

あたし、『愛』ってイメージしただけでぽっかぽかになるわぁ〜♡。

それに、イメージで言えば、たのしいことや愛情溢れている状態をイメージすると、

自分の体温や代謝が高まっていくのよねぇ〜。

 

あなたが、心の底、潜在意識が楽しい状態になると、すんごく体温が上がります。

あなたが、本当に心の底から『楽しい状態』でいるときって、あなたの身体がとても喜ぶんです。

 

同じように、、、、あなたが心から【愛】で満たされていると、体温が上がります。

そして、あなたの身体がとても喜ぶんですよね。

 

ホ・オポノポノのヒューレン博士も、『愛している』と言う言葉を唱えると

潜在意識がクリアリングされていくとおっしゃっていますよね。

 

『みなさんは、【愛】で、、、自分が変わったって、実感した事ありますか?』

 

『じぶんが、、、自分のまわりが、、、、【愛】で満たされているって、実感した事がありますか?』

 

その感覚を大切にしましょう♡。

 

ちなみに、この『愛している』って言葉は、相手に伝えているんですが、、、、

同時に自分にも言っている事になるのよね♡。

だから、、、、言われて人だけじゃなくて、本人も体温があがっているのがわかります。

 

愛って、やっぱり、ステキだなぁ〜って思いました。

 

とってもすてきな映像です♡。

ぜひ、ごらんになってみてください。

http://panasonic.jp/fudan/love/

 

余談ですが、、、楽しい状態(感覚)にいるとすっごく体温が上がると言いましたが、

楽しい状態(感覚)にいることは、理由がなくてもいる事が出来るんです。

愛の状態(感覚)もそうなのよ♡。

これは、、、、2016年のキーワードになると思っています。

 

愛の源はアワ(女性性)、、、愛の源であるアワが癒されて、、、、その状態でサヌキ(男性性)のエネルギーを使っていきます。

自分の状態を微細に知覚して、自分のアワとサヌキを高次化しながら理想のバランスでいる。

これからとても大切になってくるかと思います(^^)。

 

<<<<<個別相談についてはこちらをご参照ください>>>>>

 

<<<<<各種問い合わせがあるかたはこちらまで>>>>>

 

お気軽にどうぞ(^^)。

 

『愛してる』の言葉で体温が上昇 パナソニックが実験動画を公開

産経新聞 1月21日(木)13時1分配信

 ラブラブのカップルをよく「熱~い」と表現するが、本当に「熱い」のだろうか…。大手家電メーカーのパナソニックが、暦の上で最も寒いとされる21日の「大寒」に合わせて、同社の「ふだんプレミアム」シリーズのエアコンを題材に、愛を言葉で伝えることによって人の体が暖まるのかどうかを検証した実験動画「LOVE THERMO #愛してるで暖めよう」を公開した。

〔フォト〕愛の言葉で平均+0.8℃体温が上昇した

日本人は他の国の人々と比べると、感謝や愛の言葉を口にしない国民性だといわれている。同社が300人を対象に行った調査では、家族に普段、「愛している」と感情を言葉で伝えない人は84.7%にも達することが判明。その理由については、「そんな習慣がないから」が56.4%、「恥ずかしいから」が43.6%、「言葉に出さずとも伝わっていると思うから」が19.5%という結果となった。

そこで、夫と妻、母と娘など実際の家族6組を対象とした実験を行った。家族に関するインタビューを行うと伝えられて会場に集まった6組の家族。そのうち片方が仕掛け人となり、インタビューの途中で家族である被験者への愛の言葉を記した手紙を読み上げ、プレゼントを渡すというサプライズ演出を行った。愛の言葉を聞くうちに、最初は驚いていた被験者が最後には感動のために涙を流し、笑顔になっていく…。その表情の変化は、見る人の心まで暖かさで満たしてくれる。

インタビューの間、高性能なサーモパイル赤外線センサーにより、被験者の体温(感情の影響が出やすいとされる鼻を中心とした付近の表面温度)の変化を測定。その結果、最低でも+0.3℃、最高では+1.2℃と、6家族の平均で約0.8℃も体温が上昇。愛の言葉は心だけでなく体も暖めることが実証された。

素直に「愛している」と伝えるのは気恥ずかしくもあるが、同社の調査で「もっと家族に言葉で愛や感謝を伝えたいか」を聞くと、「もっと言葉で伝えたい」が13.3%、「どちらかというともっと言葉で伝えたい」が48.0%で、「伝えたい」と思っている人が合わせて61.3%にものぼった。心のどこかで言葉にしないのはいけないと思っているのかもしれない。

この実験結果について、広島国際大学医療栄養学部医療栄養学科の高尾文子教授は「人間の自律神経は、脳が興奮したときに働く交感神経と、リラックスした状態で働く副交感神経の2つのバランスをとることで成り立っています。親しい人々と交流したり、音楽などを聞いてリラックスしているときは、副交感神経が活性化し、血液が体中を循環して老廃物を回収、新陳代謝を促進して、体のダメージを回復してくれます。今回のパナソニックの動画では、家族からの愛情を被験者が感じることによる体温の上昇を計測していますが、被験者がリラックスし副交感神経が働くことで、末梢体温が上がることは十分考えられることであり、人が愛情を感じ脳も体もリラックスすることで、より健康になっていくということを例示する、興味深い取り組みだと思います」と評価している。

この動画を見たあなたは、これから家族への愛を言葉で伝えようと、きっと思うはずだ。


この記事が気に入ったら
シェア!しよう

 

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

無料メールマガジン

あなたとあなたの両親との関係がよくなるとあなたの人生はきっとうまくいきます!

成功者はみんなやっている親子関係の秘密をお伝えします。

お名前
姓: 名:

メールアドレス